データ復旧などで仕事やる気MAX【重要データを守り隊】

オフィス

データを取り扱うなら

男性

データ復旧は可能な場合があります。フォルダを探すとか、データ復旧のソフトや業者を利用するなどの方法で復旧することがあります。データの破損に備えてバックアップをとっておくと、データ復旧が容易となります。

Read More

高速通信でアップデート

男性

快適にパソコンを使用するためにはウィルススキャンを欠かすことはできません。ウィルススキャンをするためには専用のソフトウェアを購入する必要があります。早い段階でウィルスを見つけ出すことが出来れば被害を抑えることができます。

Read More

ウイルス対策でリスク回避

男性

ウイルス対策ソフトを利用するためには、ソフトをインストールする必要があります。また、パソコンを利用する時には、ウイルス感染してしまう可能性がありますので、きちんとウイルス対策ソフトを活用していきます。

Read More

外付け記憶媒体の利用

期間は約30日から60日となっています。DVDのダビングを依頼する時は、プランによって納期期間が異なります。

クラウドのバックアップシステムを使いたい方はこちらへ。誰でも簡単に利用出来るシステムなので、是非導入を検討してみてください。

どれくらいの金額で買えるか

男性

情報産業が発展するとともに、便利なパソコンは色々な場面で使われるようになりました。ただ、パソコンは様々なデータが保管出来ますが、データ量が多すぎてメモリの容量が残り少なくなってしまう場合があります。これ以上パソコン本体にデータが保管出来ないといった場合、外付けのHDDやusbメモリを使用する方法があります。これらの外付け記憶媒体は、現在様々な種類のものが市販されています。大容量のものからセキュリティーに優れたもの、または色々な便利機能が付属されたもの等があります。外付けHDD、usbメモリの価格についてですが、10,000円から20,000円といった価格帯の製品が主流になります。usbメモリの場合だと安いものだと1,000円未満、高いものは10,000円程になりますが、2,000円位の価格のものが主流になります。

データを失う前に

これらの外付け記憶媒体はパソコンのメモリの代わりという使用方法だけでなく、パソコンデータのバックアップという使い方も出来ます。パソコンを使用している時にHDDの動作に異常を感じたら、直ぐにデータを外付け記憶媒体に写します。そうしておけばもしパソコンのHDDが壊れても、新しいパソコンやHDDにデータを写すことで以前のパソコンの状態を復元することが出来ます。このように様々な利用の仕方があるのが外付けHDD、usbメモリが人気のある理由です。また、外付け記憶媒体内のデータが何らかの原因で消えてしまう時があります。そういった時には専用のデータ復元ソフトがありますのでそれらを利用することで簡単に復元が出来、データの消失という事態を回避出来ます。復元ソフトには無料のものも沢山あるので、気軽に利用することが出来る為人気があります。

ファイル転送は、特定の社員を指定すればその人だけに共有データを渡せます。もしくは、取引先の担当者同士での共有事項を確認しやすくなっています。

データ復旧業者を利用したい方は、こちらをご覧になってみて下さい!実際に利用した方の評判を見ることが出来ます。